大阪市内でだんだん増えてきたような・・・シェアサイクル

HUBchari 20180820

 

最近よく目にするようになってきたシェアサイクルですが、なんと西区でポートを発見しました!

自転車の後輪カバーにロゴがついた「HUBchari(ハブチャリ)」
どんな仕組みで利用できるのかネットで調べてみました。

 

HUBchari(ハブチャリ)

一度だけインターネット登録すれば便利なスマート会員と、ポート現地にて用紙記入をして登録するアナログ会員の2つの会員に分かれているようです。

2つの会員によって使用料の支払い方法や利用時間、使用できる自転車の種類(電動自転車orママチャリ)、使用可能な拠点の数などがかわってきます。

詳細は、HUBchari(ハブチャリ)でご確認を。

HUBchariが利用できるポートもだんだん増えてきているようで、需要も増えていきそうですね。

 

シェアサイクルに乗ってUber Eatsの配達をしている方もよく見かけるんですが、配達の採算はとれるのだろうか?気になるなぁ・・・

 

ちなみに、HUBchariでスマート会員になると、電動アシスト自転車のグリッターに乗れますよ~

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です