(仮称)大阪エクセルホテル東急が出店予定の(仮称)積和不動産関西南御堂ビル新築工事の進捗状況を撮影してきました。2018年8月

 

(仮称)積和不動産関西南御堂ビル 外観イメージ

(仮称)積和不動産関西南御堂ビル 外観イメージ

画像出典元:ニュースリリース 株式会社東急ホテルズ 日本初 寺院山門一体のホテル「(仮称)大阪エクセルホテル東急」が出店 「(仮称)積和不動産関西南御堂ビル」着工

(仮称)積和不動産関西南御堂ビルとは?

(仮称)積和不動産関西南御堂ビル新築工事とは、「御堂会館」跡地に積和不動産関西株式会社が建物事業者となり、株式会社東急ホテルズが運営する「(仮称)大阪エクセルホテル東急」を主たる用途とする複合施設の建設工事です。

積和不動産関西南御堂ビル 新築工事 配置図
積和不動産関西南御堂ビル 新築工事 立面図

(仮称)大阪エクセルホテル東急

建替後の主たる用途は、株式会社東急ホテルズが運営する、日本初の寺院山門一体のホテル「(仮称)大阪エクセルホテル東急」となります。関西エリアでは初出店のブランドとなります。

(仮称)積和不動産関西南御堂ビル 外観イメージ(参道部)外観イメージ(参道部)

建物中央は開口があり参道部となります。

ホテルコンセプトは「大阪万華鏡」

大阪のにぎやかさ、はなやかさ、おどろきを感じられる内装・インテリアで館内を演出。

(仮称)積和不動産関西南御堂ビル フロントロビーイメージフロントロビー イメージ

16階にあるフロントロビー、17階のレストランからは万華鏡の輝きのような夜景も楽しめます。

客室数は約360室、開業決定は2019年度の予定となります。

建築計画のお知らせ(2018年8月25日時点)

積和不動産関西南御堂ビル 新築工事 建築計画のお知らせ

建築主:積和不動産関西株式会社
設計者:株式会社IAO竹田設計
工事施工者(予定):株式会社竹中工務店
名称:積和不動産関西南御堂ビル 新築工事
敷地の位置:(地名地番)大阪市中央区久太郎町4丁目68番5
用途:複合施設(事務所、店舗、ホテル)
敷地面積:2,503.42㎡
建築面積:1,670.39㎡
延べ床面積:22,224.18㎡
容積率対象面積:20,620.45㎡
構造:鉄骨造、一部鉄筋コンクリート造
高さ:72.97m
階数:地上17階建
工事着手予定時期:平成29年9月1日
工事完了予定時期:平成31年9月30日

場所はどこ?

撮影写真 2018年8月

積和不動産関西南御堂ビル 新築工事 20180825-02御堂筋からみた工事現場

 

積和不動産関西南御堂ビル 新築工事 20180825-03御堂筋から見た建物中央の開口部

 

積和不動産関西南御堂ビル 新築工事 20180825-042機のクレーンが稼働

 

積和不動産関西南御堂ビル 新築工事 20180825-05「TAKENAKA」

 

積和不動産関西南御堂ビル 新築工事 20180825-01南西側からクレーンを見上げて。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です